HOME アロマ教室・講座 ハーブ教室・講座 トリートメント プロフィール


****メディカルアロマセラピー****


精油って何?ハーブに関係がありそうだけど、、小さな瓶に入っていて得体が知れない? アロマセラピーというものは、どうもその精油を使って行うらしい。。?

では、精油とはどういうものでしょう?『精油とは、天然の芳香植物の組織中に含まれる有効成分を高濃度に含有した揮発性の芳香物質(有機化合物)である。』 と定義されます。

わかりやすく言うと天然の香りの高いハーブの芳香成分だけを抽出したものです。なので、水溶性の成分やミネラル、ビタミンというものは入っていません。そこがメディカルハーブとの違いです。


精油・植物油 etc..ディフューザー
(ミスト式芳香器)
ネロリ(ビターオレンジの花)
−水蒸気蒸留法で精油を抽出−


■芳香成分が100%で水分や他に栄養素なども入ってないので、その分薬理作用が強いと言うことを認識する必要があります。なので、基本は植物油などで薄めて使用します。

■アロマセラピーを単に楽しみとして利用する場合、あまり薬効を気にせずに好きな香りの精油を選べば良いですが、体調不良を緩和したり、健康維持に役立てたいなら 各精油の成分の薬理作用を考慮して選びます。

■アロマセラピーに使う精油は香水や香料に使用するものとは別です。100%天然で余分な成分を加えたり取り除いた物であってはいけません。

■精油は複数の成分が含まれており、そのためにハーブと同じく多くの特性があり、心と体の両方に作用します。


例えば、ゼラニウムには、リラックス作用があるため悲しみや怒りに役立ちます。また、むら気や月経前症候群で情調不安定なときに心の調整をします。
さらに、この精油には抗炎症作用があるため、関節炎やリウマチにも有効です。


まだまだお伝えしたいことはたくさんあります。

”メディカルアロマセラピーの基礎をしっかりと学んで見ませんか?
きっと世界が広がりますよ。”


●アロマセラピー基礎講座へ
●aroma&herbクラフトレッスンへ